温熱療法と

水商売2

冷えは万病の原因と言われるほど、身体に悪影響を及ぼします。頭痛や腰痛といった各種の疼痛、下痢や不眠といった身体の不調も冷えに起因することも多いのです。女性の場合では、生理不順を引き起こすこともあります。 温熱療法は、身体の芯から冷えを取り除くことができる治療法です。温熱療法はあらゆる方法で体を温めます。方法は治療院によって異なります。ライトを照射したり、ホットパックやお湯を使ったりします。いずれも熱すぎない温度で温めていくので、心地よく治療を受けられます。 ただし、温熱療法が行えないケースもあります。皮膚に傷があったり浮腫があったりする場合は、症状が悪化する可能性があるため、温熱療法は控えなければなりません。

温熱療法は美容にも役立ちます。身体を温めることで血管やリンパの流れが良くなります。すると、身体に溜まった老廃物が流れ出すため、体内環境が改善されていきます。体内環境は見た目に大きな影響を及ぼします。体内環境をきれいにすることで、身体の中からきれいになれるのです。 また、温熱療法は怪我をした後のリハビリにも使われます。怪我自体は治っているのに、患部の痛みがなかなか治まらないということがあります。その場合、患部を温めると痛みが和らぐことがあります。怪我をきっかけに患部の組織がこわばると、筋肉が緊張したり血流が悪くなったりして、痛みの原因となります。温熱療法でじわじわと温めれば、次第に患部の緊張がほぐれて楽になるのです。