出産の後

水商売5

女性が出産する時は、赤ちゃんのための産道を確保するのに骨盤が大きく開きます。特に背骨の一番下で骨盤を支えている仙骨という部分が大きく反るために、産後は骨盤が開いたままゆがんだ状態になり、大きな負担を受けています。それをそのまま放置しておくと、骨盤が開いてゆがんだ状態で固まってしまうため、内臓が下に下がり俗にいう産後太りの体型になってしまうのです。また内臓が下に下がると尿漏れや腰痛などの原因にもなってしまいます。このような状態にならないためには、産後に骨盤矯正をすることが必要です。特に産後すぐの骨盤は筋肉がゆるんでいますので、骨盤矯正しやすい状態になっています。産後すぐの場合は骨盤矯正ベルトを装着することで、出産前の体型に戻ることも可能なのです。ただし骨盤矯正ベルトを使用する場合は無理に締め付けようとせず、内臓に負担をかけないよう注意することが大切です。

ところで最近の骨盤矯正ベルトは機能性も充実していて、産後太りにより効果的で便利な商品が数多く登場しています。例えば骨盤矯正ベルトとウエストニッパーの機能を兼ね備えてウエストとヒップラインを整える効果のあるものや、トイレで用を足す時に脱着しやすいものなど、従来のデメリットを解消したものが開発され販売されるようになりました。さらには妊娠中の人でも装着できるような商品も登場しています。この商品は妊娠中の場合でも腰痛や恥骨痛などで悩んでいる人のために、産婦人科でも推奨しているというおなかの赤ちゃんに負担をかけない骨盤矯正ベルトです。近年では骨盤矯正に関心の高い女性が多いことから、産後太りの解消に成功している女性も少なくありません。スリムな体型で健康的なお母さんでいられるよう、産後の身体のケアはとても大切なことなのです。